料理とお酒の組み合わせは自由に

料理とお酒の組み合わせは自由に

日本酒には和食や焼酎、韓国焼酎やビールには韓国料理といった感じで、分けて考えられていますが、しかし、本来は飲み物と食べ物の組み合わせは自由なものです。昔から言われている組み合わせはありますが、より自由に食べ合わせ、飲み合わせをして自分だけのアレンジを楽しみたいものです。

 

焼酎の場合は、米、いもと原料が違っていると、その味わいが大きく違いますし、お酒の場合は、冷酒、熱燗の場合は、飲み口が大きく異なります。こうした違いから、自分でいろいろと食事に合うアルコールを試して、様々な組み合わせをしていくようなチャレンジ心をいつも持ちたいものです。

 

アルコールの弱い人為に、そういう人でもスッと飲めるようなお酒や、カクテルを知っておくと、お酒があまり飲めないというような人であっても料理の時には、かなり助かります。また、ソフトドリンクを多く取りそろえているお店だと、料理と一緒に、そうしたものを飲むことでお酒なしでも食事を楽しむことができるので、休肝日をつくりたいというような人も、こうしたお店に通うといいですね。