宴会のキャンセルは早めに

宴会のキャンセルは早めに

宴会のキャンセルは、宴会を受ける側にとってはとても迷惑がかかることです。日程が迫ったときのキャンセルは何パーセントかのキャンセル代がかかる場合がありますので、キャンセルのことをよく考えて日程の調整を行なうことでしょう。

 

 

そして宴会のキャンセルをなるべくならしないように、最悪でも人数をけずるくらいで、決行するようならお店にも迷惑はかからないし、またその後に続けることができます。とくに幹事さんを良く引き受ける人にとっては、お店との信頼関係が大事で、その後もよい関係を続けたい場合には、まずしっかりとそのキャンセルポリシーを最初に聞いておいて、キャンセルする場合には、早めにすることが大事です。

 

 

幹事さんも大変ですが、お店のほうもかきいれどきにすでにその日のお客さんを何人も断ったかもしれませんので、お店の立場に立って考えることが非常に重要でしょう。それはお客としての最低守るべきマナーですから、失礼のないように気を付けましょう。

 

●おすすめリンク
下北沢で美容室なら
東京でゲストハウス